「 歴史の中の美女の事件&スキャンダル 」一覧

ロシア皇女アナスタシア⑧遺骨の発掘とDNA鑑定。「アナスタシア伝説」とニコライ2世一家殺害事件(処刑)の結論は?

ロシア皇女アナスタシア⑧遺骨の発掘とDNA鑑定。「アナスタシア伝説」とニコライ2世一家殺害事件(処刑)の結論は?

こちらでは、ロシア、ロマノフ王朝最後の皇女「アナスタシア」の人生(生涯)についての詳細を追ってご紹介しております。 ア...

記事を読む

アナスタシア⑦アナスタシアとロマノフ一家の最期、処刑の夜の死の真実。アナスタシア伝説の真相は?

アナスタシア⑦アナスタシアとロマノフ一家の最期、処刑の夜の死の真実。アナスタシア伝説の真相は?

こちらのブログでは、ロシア、ロマノフ王朝最後の皇女「アナスタシア」の人生(生涯)について追っております。 アナスタシア...

記事を読む

アナスタシア⑥ロシア最後の皇帝ロマノフ家の悲劇、恐ろしい殺害の真実が明らかに。

アナスタシア⑥ロシア最後の皇帝ロマノフ家の悲劇、恐ろしい殺害の真実が明らかに。

ロシア、ロマノフ王朝最後の皇女「アナスタシア」の人生(生涯)を追って、ブログでまとめております。 アナスタシア・ニコ...

記事を読む

ロシア皇女アナスタシア⑤アナスタシアを名乗る「アンナ・アンダースン」は偽物?映画化されブームとなった生存説の真相は?

ロシア皇女アナスタシア⑤アナスタシアを名乗る「アンナ・アンダースン」は偽物?映画化されブームとなった生存説の真相は?

ロシア、ロマノフ王朝最後の皇女「アナスタシア」の人生(生涯)をブログで特集しております。 前回のブログでは、ロシア革命により幽...

記事を読む

マリーアントワネット⑳ 革命に散った悲劇の王妃の最期~断頭台(ギロチン)で首をはねられ処刑されたマリー・アントワネット。その最後は『誇り高いフランスの王妃』そのものでした。

マリーアントワネット⑳ 革命に散った悲劇の王妃の最期~断頭台(ギロチン)で首をはねられ処刑されたマリー・アントワネット。その最後は『誇り高いフランスの王妃』そのものでした。

マリーアントワネットはコンシェルジュリー牢獄に捕えられた後に、革命裁判にかけられました。 王妃は終始冷静に、完璧に尋問に答え続けました...

記事を読む

マリーアントワネットの生涯⑲ 王妃の革命裁判の詳細と最後の手紙(遺書)。死刑判決の後、処刑(ギロチン)までの残りわずかな時間を王妃はどのように過ごしたのでしょうか?

マリーアントワネットの生涯⑲ 王妃の革命裁判の詳細と最後の手紙(遺書)。死刑判決の後、処刑(ギロチン)までの残りわずかな時間を王妃はどのように過ごしたのでしょうか?

コンシェルジュリー牢獄に入れられてからのアントワネットは、日に日に衰弱していきました。 最後の救出のチャンス『カーネーション事件』も失...

記事を読む

マリーアントワネット⑱ コンシェルジュリー牢獄での生活 美貌は見る影もなく衰弱し、髪は白髪、ボロボロのドレス・・・陰惨な獄中で王妃は一体何を想って過ごしたのでしょう?最後の救出計画『カーネーション事件』の詳細も。

マリーアントワネット⑱ コンシェルジュリー牢獄での生活 美貌は見る影もなく衰弱し、髪は白髪、ボロボロのドレス・・・陰惨な獄中で王妃は一体何を想って過ごしたのでしょう?最後の救出計画『カーネーション事件』の詳細も。

マリーアントワネットは夫であるルイ16世を処刑され、最愛の息子から引き離された後、 今度は自身がタンプル塔からコンシェルジュリーの牢獄...

記事を読む

マリーアントワネットの生涯⑮ 過激化するフランス革命~ 8月10日事件(8月10日の革命)から九月虐殺の悲劇。ランバル公妃や貴夫人たちの壮絶な最期。

マリーアントワネットの生涯⑮ 過激化するフランス革命~ 8月10日事件(8月10日の革命)から九月虐殺の悲劇。ランバル公妃や貴夫人たちの壮絶な最期。

「ヴァレンヌ逃亡事件」は一気に国王一家と民衆の立場を変えてしまいました。 この時、民衆は気づいてしまったのです。 「国王がいなくても...

記事を読む

マリーアントワネット⑭ ヴァレンヌ逃亡事件の理由や詳細 革命後王妃の人生の明暗を分ける逃亡劇は本当にドラマティックです。フェルゼン伯爵との不倫の関係は?

マリーアントワネット⑭ ヴァレンヌ逃亡事件の理由や詳細 革命後王妃の人生の明暗を分ける逃亡劇は本当にドラマティックです。フェルゼン伯爵との不倫の関係は?

18世紀末、フランス王室の財政は破綻(はたん)し、国民は飢えに苦しんでいました。 そして、バスティーユ襲撃からフランス革命が勃発。 ...

記事を読む

マリーアントワネットの生涯⑬ フランス革命によりチュイルリー宮殿に囚われた王妃と国王一家の生活。ベルサイユのばらでお馴染みのフェルセン(フェルゼン)伯との恋愛関係の真相は?

マリーアントワネットの生涯⑬ フランス革命によりチュイルリー宮殿に囚われた王妃と国王一家の生活。ベルサイユのばらでお馴染みのフェルセン(フェルゼン)伯との恋愛関係の真相は?

フランス革命が起こり、日に日に過激化していくなか、 マリーアントワネットおよび国王一家はヴェルサイユ行進(10月事件)により、ベルサイ...

記事を読む