マリーアントワネット③ 王太子妃時代~ 入浴や香水へのこだわりなど彼女がもたらした文化をエピソードや画像満載でご紹介します☆

マリーアントワネット③ 王太子妃時代~ 入浴や香水へのこだわりなど彼女がもたらした文化をエピソードや画像満載でご紹介します☆

オーストリアからフランス宮廷に輿入れしたマリーアントワネット。 今日は彼女の王太子妃時代のエピソードや、 彼女がフランスやヨーロ...

記事を読む

マリーアントワネット② 悲劇を暗示する結婚式にまつわる五つの不吉。また、肖像画によって違う彼女の本当の容姿(顔)は?

マリーアントワネット② 悲劇を暗示する結婚式にまつわる五つの不吉。また、肖像画によって違う彼女の本当の容姿(顔)は?

今回ブログでご紹介するのはマリー・アントワネットの生涯①幼少期~ からの続きです。 マリーアントワネットのフランスとの政略結婚の...

記事を読む

マリーアントワネットの生涯① 幼少時代~ウィーンの宮廷での生活とモーツアルトからのプロポーズ♪母マリアテレジアの方が実は美女だった!?

マリーアントワネットの生涯① 幼少時代~ウィーンの宮廷での生活とモーツアルトからのプロポーズ♪母マリアテレジアの方が実は美女だった!?

今日ブログでご紹介するのは、フランス王妃の中で日本人に最も有名なマリーアントワネットの生涯についてです。 マリーアントワネットは誰もが...

記事を読む

デュバリー夫人② ヴェルサイユ宮殿を追放された後の人生は?元フランス王の愛妾がフランス革命に翻弄され、断頭台(ギロチン)で処刑されてしまう悲劇の最期。

デュバリー夫人② ヴェルサイユ宮殿を追放された後の人生は?元フランス王の愛妾がフランス革命に翻弄され、断頭台(ギロチン)で処刑されてしまう悲劇の最期。

前回ブログ記事でご紹介いたしました、 漫画『べルサイユのばら』でもお馴染みのルイ15世の愛妾デュバリー夫人。 引...

記事を読む

デュバリー夫人① 『べルサイユのばら』でお馴染みのルイ15世の愛妾。その性格や過去の人生、宮廷生活、マリーアントワネットや首飾り事件にまつわる因縁とは?

デュバリー夫人① 『べルサイユのばら』でお馴染みのルイ15世の愛妾。その性格や過去の人生、宮廷生活、マリーアントワネットや首飾り事件にまつわる因縁とは?

この肖像画の優しげな風貌の美しい人、 皆さま誰だかおわかりでしょうか? 彼女の名前はデュ・バリー夫人です デュバリー夫...

記事を読む

モンテスパン夫人 太陽王ルイ14世に愛された愛妾。絶世の美女の人生は、黒ミサ、毒薬、女のバトル、没落・・・興味深いエピソードがてんこ盛りです。

モンテスパン夫人 太陽王ルイ14世に愛された愛妾。絶世の美女の人生は、黒ミサ、毒薬、女のバトル、没落・・・興味深いエピソードがてんこ盛りです。

今日はブログで太陽王ルイ14世に愛された絶世の美女についてお話しさせていただきますね。 彼女の名前はモンテスパン夫人。 あのフラ...

記事を読む

ディアーヌドポワティエ 19才年下の王を虜にし、美と愛に生きた美しき愛妾。シュノンソー城を舞台にした正妻カトリーヌドメディシスとの因縁の物語。

ディアーヌドポワティエ 19才年下の王を虜にし、美と愛に生きた美しき愛妾。シュノンソー城を舞台にした正妻カトリーヌドメディシスとの因縁の物語。

今日ブログでご紹介したいのは今から500年前のフランスの美女です。 彼女の名前は『ディアーヌドポワティエ』 19...

記事を読む

ラ・パイヴァ侯爵夫人 贅沢と宝石を愛し、フランス第二帝政を崩壊させた一人の高級娼婦(クルチザンヌ)の人生。

ラ・パイヴァ侯爵夫人 贅沢と宝石を愛し、フランス第二帝政を崩壊させた一人の高級娼婦(クルチザンヌ)の人生。

私は歴史の中に存在した美女たちの人生にとても興味があります。 今日はブログで、19世紀フランスの第二帝政を崩壊させたとも言える一人の高...

記事を読む