「 運命に翻弄された美女 」一覧

皇女アナスタシア③ 幽閉(軟禁)生活。革命後、イヴァチェフの館での恐怖と忍耐の日々。

皇女アナスタシア③ 幽閉(軟禁)生活。革命後、イヴァチェフの館での恐怖と忍耐の日々。

ロシア、ロマノフ王朝の皇女アナスタシアの生涯(人生)についてブログでご紹介しております。 アナスタシア・ニコラエヴナ・...

記事を読む

アナスタシアの生涯②ラスプーチンとの関係 幼少期の環境とロシア革命までの経緯。

アナスタシアの生涯②ラスプーチンとの関係 幼少期の環境とロシア革命までの経緯。

アナスタシアの人生(生涯)についてブログで追っています。 今回はアナスタシアの革命までの幼少期の環境(状況)、そして皇帝一家の運命を握...

記事を読む

皇女アナスタシアの生涯① ロシア革命で処刑されたロマノフ家の四女。その容姿は美形? 

皇女アナスタシアの生涯① ロシア革命で処刑されたロマノフ家の四女。その容姿は美形? 

ロシア・ロマノフ王朝最後の皇女「アナスタシア」を皆さまはご存知でしょうか? いまも生存説が絶えないロマノフ王朝最後の皇女アナス...

記事を読む

マリーアントワネット㉑ 映画『マリーアントワネット』 ソフィアコッポラ監督の作り上げた世界観が可愛すぎる!ドレスや靴、帽子などファッションの見どころをまとめてみました♪

マリーアントワネット㉑ 映画『マリーアントワネット』 ソフィアコッポラ監督の作り上げた世界観が可愛すぎる!ドレスや靴、帽子などファッションの見どころをまとめてみました♪

2006年に、ソフィア・コッポラ監督によって映画化された映画『マリーアントワネット』の世界観がとってもかわいいというのは、皆さまもうご存知で...

記事を読む

マリーアントワネット⑳ 革命に散った悲劇の王妃の最期~断頭台(ギロチン)で首をはねられ処刑されたマリー・アントワネット。その最後は『誇り高いフランスの王妃』そのものでした。

マリーアントワネット⑳ 革命に散った悲劇の王妃の最期~断頭台(ギロチン)で首をはねられ処刑されたマリー・アントワネット。その最後は『誇り高いフランスの王妃』そのものでした。

マリーアントワネットはコンシェルジュリー牢獄に捕えられた後に、革命裁判にかけられました。 王妃は終始冷静に、完璧に尋問に答え続けました...

記事を読む

マリーアントワネットの生涯⑲ 王妃の革命裁判の詳細と最後の手紙(遺書)。死刑判決の後、処刑(ギロチン)までの残りわずかな時間を王妃はどのように過ごしたのでしょうか?

マリーアントワネットの生涯⑲ 王妃の革命裁判の詳細と最後の手紙(遺書)。死刑判決の後、処刑(ギロチン)までの残りわずかな時間を王妃はどのように過ごしたのでしょうか?

コンシェルジュリー牢獄に入れられてからのアントワネットは、日に日に衰弱していきました。 最後の救出のチャンス『カーネーション事件』も失...

記事を読む

マリーアントワネット⑱ コンシェルジュリー牢獄での生活 美貌は見る影もなく衰弱し、髪は白髪、ボロボロのドレス・・・陰惨な獄中で王妃は一体何を想って過ごしたのでしょう?最後の救出計画『カーネーション事件』の詳細も。

マリーアントワネット⑱ コンシェルジュリー牢獄での生活 美貌は見る影もなく衰弱し、髪は白髪、ボロボロのドレス・・・陰惨な獄中で王妃は一体何を想って過ごしたのでしょう?最後の救出計画『カーネーション事件』の詳細も。

マリーアントワネットは夫であるルイ16世を処刑され、最愛の息子から引き離された後、 今度は自身がタンプル塔からコンシェルジュリーの牢獄...

記事を読む

マリーアントワネット⑰ 夫ルイ16世の処刑と最愛の子供達との別れ~王妃から女囚280号へ。ルイ17世となった王太子ルイ・シャルルの悲劇的な最期。

マリーアントワネット⑰ 夫ルイ16世の処刑と最愛の子供達との別れ~王妃から女囚280号へ。ルイ17世となった王太子ルイ・シャルルの悲劇的な最期。

前回のマリーアントワネットの生涯⑯では、フランス革命によりタンプル塔に幽閉された王妃マリーアントワネット及び国王一家の生活についてご紹介しま...

記事を読む

マリーアントワネット⑯ タンプル塔に幽閉されたアントワネットの生活は?最後までドレスやファッション、歌、刺繍など好きな趣味を諦めなかった王妃。ブレゲの時計NO,160のエピソードも。

マリーアントワネット⑯ タンプル塔に幽閉されたアントワネットの生活は?最後までドレスやファッション、歌、刺繍など好きな趣味を諦めなかった王妃。ブレゲの時計NO,160のエピソードも。

今回のブログ記事では、マリーアントワネットの生涯⑮ 『タンプル塔に捕らわれた王妃マリーアントワネットの生活』を肖像画など画像満載でご紹...

記事を読む

マリーアントワネットの生涯⑮ 過激化するフランス革命~ 8月10日事件(8月10日の革命)から九月虐殺の悲劇。ランバル公妃や貴夫人たちの壮絶な最期。

マリーアントワネットの生涯⑮ 過激化するフランス革命~ 8月10日事件(8月10日の革命)から九月虐殺の悲劇。ランバル公妃や貴夫人たちの壮絶な最期。

「ヴァレンヌ逃亡事件」は一気に国王一家と民衆の立場を変えてしまいました。 この時、民衆は気づいてしまったのです。 「国王がいなくても...

記事を読む