「 贅沢を愛した美女 」一覧

ポンパドゥール夫人の人生⑤政治と宗教 王の公妾でありながらオーストリア女帝マリア・テレジアも認めた敏腕政治家としての功績

ポンパドゥール夫人の人生⑤政治と宗教 王の公妾でありながらオーストリア女帝マリア・テレジアも認めた敏腕政治家としての功績

ポンパドゥール夫人の生涯⑤ 今回のポンパドゥール夫人の生涯を追うこちらのブログでは、ヴェルサイユでの敵対するものたちとの戦いに勝利した...

記事を読む

ポンパドゥール夫人の生涯④「鹿の苑」の女主人 ルイ15世の愛人から友人へ …「欲しいのは陛下のお心だけ!」ライバル達とのヴェルサイユでの戦い

ポンパドゥール夫人の生涯④「鹿の苑」の女主人 ルイ15世の愛人から友人へ …「欲しいのは陛下のお心だけ!」ライバル達とのヴェルサイユでの戦い

ポンパドゥール夫人の生涯についてブログでお届けしております。 今回はポンパドゥール夫人の生涯④として、次々と出現するライバルた...

記事を読む

ポンパドゥール夫人の生涯③ヴェルサイユ宮殿での愛妾生活 現在も人気の髪型など「ア・ラ・ポンパドゥール(ポンパドゥール風)」ブームを巻き起こしロココのファッションリーダーに

ポンパドゥール夫人の生涯③ヴェルサイユ宮殿での愛妾生活 現在も人気の髪型など「ア・ラ・ポンパドゥール(ポンパドゥール風)」ブームを巻き起こしロココのファッションリーダーに

今回のこちらのブログでは「ポンパドゥール夫人の生涯③」として、ヴェルサイユ宮殿での生活についてご紹介していきたいと思います。 ...

記事を読む

ポンパドゥール夫人の生涯②国王ルイ15世の愛妾への道 チャンスは待つものではなく掴むもの!夢を諦めなかった平民出身の小悪魔ブルジョワ娘のシンデレラ・ストーリー☆

ポンパドゥール夫人の生涯②国王ルイ15世の愛妾への道 チャンスは待つものではなく掴むもの!夢を諦めなかった平民出身の小悪魔ブルジョワ娘のシンデレラ・ストーリー☆

今回のこちらの歴史の中の美女の生涯を辿るこちらのブログでは、「ポンパドゥール夫人の人生② 愛妾への道、チャンスは待つものではなく掴むもの 夢...

記事を読む

ポンパドゥール夫人の生涯①幼少期 ニックネームは「レネット(王妃ちゃん)」 平民でありながら貴族のように誰からも愛された完璧過ぎる美少女!

ポンパドゥール夫人の生涯①幼少期 ニックネームは「レネット(王妃ちゃん)」 平民でありながら貴族のように誰からも愛された完璧過ぎる美少女!

今回こちらのブログではあのフランスの美女「ポンパドゥール夫人」の人生についてご紹介していきたいと思います。 現在でも女性の間で...

記事を読む

皇妃エリザベートの生涯⑤晩年と最期の刺殺事件による死因の真相 常に喪服で過ごした晩年 どこまでもつきまとう絶望と悲しみの中で訪れたシシィ人生最期の時

皇妃エリザベートの生涯⑤晩年と最期の刺殺事件による死因の真相 常に喪服で過ごした晩年 どこまでもつきまとう絶望と悲しみの中で訪れたシシィ人生最期の時

今回のブログではオーストリア皇妃エリザベートの人生(生涯)⑤ シシィの晩年と死、人生最期の時のことをご紹介してみたいと思います。 ...

記事を読む

エリザベートの人生④旅と浪費 オーストリアウィーンから逃げるように彷徨い続けたシシィの超豪華・贅沢な現実逃避の旅

エリザベートの人生④旅と浪費 オーストリアウィーンから逃げるように彷徨い続けたシシィの超豪華・贅沢な現実逃避の旅

皇妃エリザベートの人生④旅と浪費 ウィーンから逃げるように彷徨い続けたシシィの超豪華・贅沢な現実逃避の旅。 ◆エリザベートの人...

記事を読む

皇妃エリザベートの人生①幼少期~結婚 子供時代は変わり者?最も幸せだったシシィの15年間 ルートヴィヒ2世との関係も

皇妃エリザベートの人生①幼少期~結婚 子供時代は変わり者?最も幸せだったシシィの15年間 ルートヴィヒ2世との関係も

ヨーロッパの名門ハプスブルク家にゆかりのある女性で、マリー・アントワネットと並ぶ歴史の中の有名人は「シシィ」の愛称で知られるオーストリア皇后...

記事を読む

マリーアントワネット㉑ 映画『マリーアントワネット』 ソフィアコッポラ監督の作り上げた世界観が可愛すぎる!ドレスや靴、帽子などファッションの見どころをまとめてみました♪

マリーアントワネット㉑ 映画『マリーアントワネット』 ソフィアコッポラ監督の作り上げた世界観が可愛すぎる!ドレスや靴、帽子などファッションの見どころをまとめてみました♪

2006年に、ソフィア・コッポラ監督によって映画化された映画『マリーアントワネット』の世界観がとってもかわいいというのは、皆さまもうご存知で...

記事を読む

マリーアントワネット⑳ 革命に散った悲劇の王妃の最期~断頭台(ギロチン)で首をはねられ処刑されたマリー・アントワネット。その最後は『誇り高いフランスの王妃』そのものでした。

マリーアントワネット⑳ 革命に散った悲劇の王妃の最期~断頭台(ギロチン)で首をはねられ処刑されたマリー・アントワネット。その最後は『誇り高いフランスの王妃』そのものでした。

マリーアントワネットはコンシェルジュリー牢獄に捕えられた後に、革命裁判にかけられました。 王妃は終始冷静に、完璧に尋問に答え続けました...

記事を読む