マリーアントワネット展の感想☆『ヴェルサイユ宮殿《監修》マリー・アントワネット展2016~2017』in六本木の見どころやグッズの情報、感想をブログでご紹介します♪


先日、2016年から2017年にかけて開催中の、

『ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展』に行ってきました。

marie_og

私は歴史の中に生きた美女たちに、常日頃から興味をもっていて、趣味がてらこちらのブログを始めてみたのですが、

歴史の中の美女たちを見ていきますと、マリーアントワネットよりも容姿が美しい王妃がたくさん存在しているのです。

それなのに、一体なぜ?

マリーアントワネットだけがこうして大きな展示会の主人公になったりと、今、現代を生きる私たち女性の心をも惹きつけてやまない存在なのでしょうか・・・?

そのことを改めて考えてみると、やっぱりマリーアントワネットの人生(生涯)が、私たち女性の心に強く訴えかけるものがあるからだと思うのです。

生まれながらの名門、ハプスブルグ家の王女であり、政略結婚でフランスの王妃に。

あらゆる遊びと贅沢をつくし、誰よりも華やかで、ヨーロッパ中に影響を与える存在だったマリーアントワネット。

そんな王妃の人生はのちに勃発したフランス革命によって激変し、最期には処刑されてしまったという圧倒的な悲劇性。

それに加え、マリーアントワネットが今なお女性たちに人気の秘密は、彼女が生涯で最も興味を示していた『ファッション』、そのラブリーな趣味なのじゃないかと思います。

女の子なら、みんな可愛いものが大好きというのはいつの時代も共通していて、
マリーアントワネットが所有していたドレスやシューズ、小物、インテリア、家具、食器・・・

今回の『ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展』にも多く展示されていましたが、 それらは現代の私たちの感性でも『可愛い』って思えるものばかりなのです。

DSC_0632

以前もマリーアントワネットのファッションについてブログで記事を紹介させていただいていますので、よろしければこちらのブログ記事もどうぞ。
↓  ↓  ↓

マリーアントワネット④ こだわりのお洒落~ ドレスやファッション、宝石、小物類など。性格や人柄なども画像満載で徹底分析☆

マリーアントワネットの可愛いものが大好きという趣味は、私たち現代女性と全く同質のもので、ここが私たち女性のツボを押さえているポイントなのだと思います。

(マリーのファンは現代の女性だけじゃなく、歴代の貴族の女性の中にもファンがいたようですので、可愛いもの、美しいものが好きというのはいつの時代も普遍的なものなのでしょうね。)

今回のマリーアントワネット展にも彼女が作らせたという、食器やファブリックなどが色々展示してありましたが、

どれも、彼女が愛したモチーフである『花』がたくさん描かれていました。

花に囲まれて暮らしたい・・・

それが王妃マリーアントワネットの趣味でした。

花やリボン、ダイヤ、真珠・・・彼女の愛したモチーフは、いつの時代も女性の心をくすぐらずにはいられませんね・・・☆☆☆

女性なら誰でも美しく可憐な花や美しいものに囲まれて暮らすことは憧れなのではないでしょうか?

そして、彼女はその願いどおり、ドレスはもちろん、身の回りの家具やインテリア、食器類などの彼女の好みにデザインして、作らせたのです。

食器や家具に一つ一つの持ち物に、自分の好みの柄やモチーフをデザインしてオーダーできるなんて☆☆☆

同じ女性としてなんて羨ましいことでしょうね!

マリーアントワネットの趣味は、当時の宮廷文化の重々しい趣味とは違って、可愛らしく、明るく、洗練されていました。

現在開催中のマリーアントワネット展には、彼女の愛したものや、直筆の手紙、遺書など、マリーアントワネットの内面も溢れていて、私たちに生き生きと語りかけてくるものがありました。

マリーアントワネットの人柄だけではなく、その哀しみも伝わってきて胸が熱くなりました。

『ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展』、まだ行かれてない方は二月末まで開催さいています。

みどころたっぷりですので、ファンの方もそうでない方もぜひ一度足をはこばれてみてくださいね☆

展示を見た後のグッズ売り場の若い女性たちの熱気を見れば、マリーアントワネットの趣味がいかに私たちに愛されているかがよくわかりますよ!

私もマリーアントワネットのグッズを色々買いましたし、その後は六本木ヒルズの各店舗で提供そている素敵なマリーアントワネット展のコラボデザートも楽しんで帰ってきました♪
関連記事

バレンタインチョコレート2017 本命チョコにおススメの高級ブランドチョコを特集!ピエールマルコリーニ、ジャンポールエヴァン、ピエールエルメ・・・2017年のトレンドや人気のショコラ一覧♪通販&お取り寄せも☆

バレンタインチョコレート2017 人気ランキング&お取り寄せ通販☆グッチ、ブルガリ、ラデュレ・・高級ブランドやオーガニック、お酒チョコなど本命にも義理チョコにも、ホワイトデーのもおすすめ商品のまとめ♪

2017年バレンタイン&ホワイトデーの人気・トレンドギフト☆本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、自分ご褒美チョコ・・ 高級ブランドからホテルチョコ、お酒や和テイストの大人味、キャラクターコラボ、レアなお取り寄せまで徹底特集!

バレンタイン2017 友チョコ&自分チョコに人気の可愛いおすすめチョコレートブランド☆プレゼントやお返し、女同士にも・・・お値段もお手頃な市販のチョコレートのまとめ♪通販も☆

マリーアントワネットの生涯① 幼少時代~ウィーンの宮廷での生活とモーツアルトからのプロポーズ♪母マリアテレジアの方が美女だった!?

マリーアントワネット③ 王太子妃時代~ 入浴や香水へのこだわりなど彼女がもたらした文化をエピソード満載でご紹介します☆

マリーアントワネット④ こだわりのお洒落~ ドレスやファッション、性格や人柄を画像満載で徹底分析☆

マリーアントワネット⑤ 髪形~アントワネット考案!奇抜で斬新な「盛髪ヘア」とは?果物、花瓶、人形、鳥かご 、軍艦や庭園の模型まで!奇抜すぎるヘアスタイルの数々をご紹介します。

マリーアントワネット⑥ 美容法~歯を抜いて小顔に?肋骨を折ってウェストを細く!?流行の「マリーアントワネットダイエット」にプラセンタ、つけぼくろなどお化粧品も一挙公開。

マリーアントワネット⑦ 「首飾り事件」~評判を落とし、革命の導火線ともなった有名な事件の内容の詳細。問題のネックレスの価格や価値、デザイン性についても画像満載で検証します。

マリーアントワネット⑧ ランバル公妃マリー・テレーズ・ルイーズ 革命後もアントワネットと共に生きた悲劇の美女。9月虐殺による凄惨な最期とは?

マリーアントワネット⑨ ポリニャック伯夫人 アントワネットを操り一族を繁栄させたしたたかな悪女。その美貌とランバル夫人との関係、運命の最期、「ベルばら」でもおなじみの娘の生涯は?

マリーアントワネット⑩ エリザベート・ヴィジェ・ルブラン 王妃の寵愛を受け、18世紀最も成功した美貌の女流画家の作品と激動のその生涯。

マリーアントワネット⑪ プチトリアノン宮と王妃の村里(アモー)の全貌~トリアノンでの王妃のファッション、恋愛、贅沢と浪費。母になったアントワネットの子育てやその暮らしぶりは?

マリーアントワネット⑫ フランス革命の勃発~王妃の生涯はここから悲劇が始まり一気に転落します。ロココの貴族文化の終焉とバスティーユ襲撃から十月事件の歴史的エピソードも。

マリーアントワネットの生涯⑬ チュイルリー宮殿に囚われた王妃と国王一家の生活。ベルサイユのばらでお馴染みのフェルセン(フェルゼン)伯との恋愛の真相は?

マリーアントワネットの生涯⑬ フランス革命によりチュイルリー宮殿に囚われた王妃と国王一家の生活。ベルサイユのばらでお馴染みのフェルセン(フェルゼン)伯との恋愛の真相は?

マリーアントワネット⑭ ヴァレンヌ逃亡事件の理由や詳細 革命後王妃の人生の明暗を分ける逃亡劇は本当にドラマティックです。フェルゼン伯爵との不倫の関係は?

マリーアントワネットの生涯⑮ 過激化するフランス革命~ 8月10日事件(8月10日の革命)から九月虐殺の悲劇。ランバル公妃や貴夫人たちの壮絶な最期。

マリーアントワネット⑯ タンプル塔に幽閉されたアントワネットの生活は?最後までドレスやファッション、歌、刺繍など好きな趣味を諦めなかった王妃。ブレゲの時計NO,160のエピソードも。

マリーアントワネット⑰ 夫ルイ16世の処刑と最愛の子供達との別れ~王妃から女囚280号へ。ルイ17世となった王太子ルイ・シャルルの悲劇的な最期。

マリーアントワネット⑱ コンシェルジュリー牢獄での生活 美貌は見る影もなく衰弱し、髪は白髪、ボロボロのドレス・・・陰惨な獄中で王妃は一体何を想って過ごしたのでしょう?最後の救出計画『カーネーション事件』の詳細も。

マリーアントワネットの生涯⑲ 王妃の革命裁判の詳細と最後の手紙(遺書)。死刑判決の後、処刑(ギロチン)までの残りわずかな時間を王妃はどのように過ごしたのでしょうか?

マリーアントワネット⑳ 革命に散った悲劇の王妃の最期~断頭台(ギロチン)で首をはねれれ処刑されたマリー・アントワネット。その最期は『誇り高いフランス王妃』そのものでした。

デュバリー夫人① 『べルサイユのばら』でお馴染みのルイ15世の愛妾。その性格や過去の人生、宮廷生活、マリーアントワネットや首飾り事件にまつわる因縁とは?

デュバリー夫人② ヴェルサイユ宮殿を追放された後の人生は?元フランス王の愛妾がフランス革命に翻弄され、断頭台(ギロチン)で処刑されてしまう悲劇の最期。

ラ・パイヴァ侯爵夫人 贅沢と宝石を愛し、フランス第二帝政を崩壊させた一人の高級娼婦(クルチザンヌ)の人生。

ディアーヌドポワティエ 19才年下の王を虜にし、美と愛に生きた美しき愛妾。シュノンソー城を舞台にした正妻カトリーヌドメディシスとの因縁の物語。

モンテスパン夫人 太陽王ルイ14世に愛された愛妾。絶世の美女の人生は、黒ミサ、毒薬、女のバトル、没落・・・興味深いエピソードがてんこ盛りです

こちらの記事もおススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

公開日: 公開日: